LAID BUG | Art Gallery & Creative Studio          

Exit Strategy
K.T.Kobel
at LAID BUG

"Exit Starategy"
by K.T. KOBEL
日程が変更となりました。
8.9TUE - 8.28SUN 2022
MON,TUE CLOSE
※8/9TUEのみ13:00-22:00

※開催日程が変更となりました。
8/9TUE-28SUN 2022
13:00-20:00 Closed on MON, TUE
※8/9のみ13:00-22:00にてオープン
*Open 13:00-22:00 only on Tuesday, August 9

2022年8月LAID BUGにて、K. T. Kobelによるソロエキシビジョン「Exit Strategy」を開催します。

ロンドン出身のアーティストK. T. Kobelは、現在オランダ、アムステルダムを拠点に活動しています。これまでに、LAのアンダーグラウンドアートシーンを体現するギャラリーHVW8 Galleryや、Ace Hotel Kyoto など、世界各地で展示を開催してきました。

Kobelは人間の記憶のダークサイド、トラウマ的情景を主題に扱い、エアブラシを用いて、独特な質感の絵画として表出させます。暴力的であったり、エロティックなモチーフが多いことで知られますが、特筆すべきは、それらのシーンの前後に濃密なシナリオがあるかのように見えることです。Kobelが描く対象の、象徴的な瞬間、映画のようなフレーミングは、鑑賞者に前後のシーケンスを想起させます。同時に、鑑賞者は、Kobelによってトリミングされたシーンから様々な情景を意識させられることで、私たち自身の抱える偏見や思い込みに気づかされ、内省的な鑑賞体験へと誘われます。

このアプローチは作品展示におけるプレゼンテーションにも顕著に現れます。複数の一見関連性のないように見える作品群が一塊のタペストリーとして提示されることで、ぼんやりとした虚構のストーリーが浮かび上がります。その鑑賞体験はシュールな短編映画やモンタージュ映像を観るときの態度に似ており、鑑賞者の想像力を刺激する形式だと言えます。

本展「Exit Strategy」では5作品からなる連作が5つ、計25点の新作ペインティングが展示・販売されます。Kobel作品を、一つの空間で連作として鑑賞できる貴重な機会に、是非足をお運びください。




Exhibition Statement:
Exit Strategy (2022) is a series of paintings that address the nature of meaning within suspended moments of the human experience. Traversing the grey areas of desperation, intimacy, violence, and self doubt.
A series of coded images, replete with ambiguity that manipulate the mundane into a moment of something mysterious and at times foreboding. Opposing binaries are created between the isolated figures and their surroundings where at first glance it becomes a woven tapestry of seemingly unrelated narratives.
Drawing on imagery from personal experience and various found media the paintings are paired with one another to explore new sets of associations and are cast into a competing foray of contrasting meaning.
The work being purposefully rendered in a cinematic manner is hung like frames from a short film in which the viewer is invited to watch a surrealistic reflection of being placed in an absolute moment.
By confronting the image we are forced to create the meaning, this in itself is a kind of truth, a telling of ourselves as we Infer our own bias and narrative upon the paintings.

Bio:
K. T. Kobel b.1988 London, UK. Lives and works in Amsterdam, NL. Kobel’s work deals with the grey areas of human experience to help bring coherence and closure to the disorder and chaos of trauma, expressed through a personal style of visual obscurity and concealed meaning. Often pairing imagery to highlight the ambiguity that lies within the mundane and the absurd. As a figurative painter, his works are characterised by often foreboding scenarios, rendered distinctly with airbrush which gives a soft contrast to the sometimes extreme subject matter.

Notable recent exhibitions include:
Einhundert Verschwendete Jahre/ One Hundred Wasted Years - HVW8 Gallery LA, 2022
Good Photo - Ace Hotel Kyoto, 2022


LAID BUG is Here!

東京都渋谷区代官山町 2-3 BF

2-3 BF, Daikanyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo, JPN