LAID BUG | Art Gallery & Creative Studio          

agnosia
cho ongo

agnosia
cho ongo
5.24fri - 6.8sat, 2024

5.24fri - 6.8sat, 2024
13:00-20:00
Opening Reception: 5.24fri 17:00-
Closed on Sunday, Monday

2024年5月24日より、LAID BUGにて、cho ongoによるソロエキシビジョンを開催します。

cho ongoは、東京を拠点に活動する写真家です。独学で写真を学び、大学時代にスケートボードに出会ったchoは、Diaspora Skateboardsに所属し、写真家としてのキャリアをスタートしました。他人という対象をより深く知るための手段として始めたポートレート写真に意欲的に取り組み、現在はファッションやアーティスト撮影など、幅広い分野で活躍しています。

スケーターやミュージシャン、俳優やモデルから友人の娘まで、多様な被写体と対峙するchoは、過度な演出で意図的にイメージを作り出すことはせず、その瞬間のありのままの姿を捉えることに注力しています。フラットな姿勢で被写体と向き合い、その場の空気、その日の気分まで、そのまま収めようとするchoの眼差しは、時に被写体の無自覚な個性を表出させ、鑑賞者に新鮮な驚きを与えてくれます。

choは本展において、“ほくろ”にフォーカスして、クロースアップで撮影した作品群を発表します。2023年から約1年かけて、20人以上の被写体に対峙し撮影された小さな“点”は、所有者の存在をほのかに漂わせるものもあれば、所有者から切り離され、“ほくろ”としての認識すら危うい作品もあります。
さまざまに映し出された“ほくろ”は、どの段階まで対象を認識できるのか。写真表現をとおして認知と非認知の境界を探ろうとするchoの実験的な姿勢に触れることができます。

“agnosia(失認)”と名付けられた本展では、印画紙だけでなくトレーシングペーパーなど様々なメディアに出力した作品で空間を構築します。 展示に合わせて、choと被写体となった方との対話を収めた音声メディアや、写真と対話文で構成されたZINEも発表します。これまでスケートや音楽といったカルチャーを通じて語られることの多かったcho Ongo初となるコンセプトワークを、是非多くの方にご高覧いただけますと幸いです。

Instagram:@cho_ongo

インストール studio puresu
企画 LAID BUG








LAID BUG is Here!

東京都渋谷区代官山町 2-3 BF

2-3 BF, Daikanyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo, JPN